ポリス

2008年2月24日 (日)

ポリスのジャパン・ツアーには行けなかったけれども・・・

 昨夜は、WOWOWで2月13日の東京ドームでのポリスのコンサートを見ました。まだライブ当日から10日しかたっていないという、生々しいその模様を堪能できたというのは、得した感じです。今回のジャパン・ツアーは東京と大阪のみの3日間ということで、見に行けない事に残念に思っていましたが・・・場所は我が家の居間とはいえ、43インチのプラズマ画面で自分は十分に感動を味わされました。

 テニスのグランドスラム大会の試合とか、貴重なライブ・コンサートの独占中継などがある時に・・・あぁ、WOWOWに加入していて得した、良かったな~と実感します(映画に関しては、自分の見たい時を選んでレンタルしてくれば見れる訳で、あまりお得感を感じることはないかな・・・)

 ライブ映像の感想を述べます。

 ステュアート・コーポランドの老けた外見と、アンディ・サマーズの弛んだ頬と二重アゴにお腹の出た中年体形に、過ぎた年月を思いながらも・・・対比して目立ったスティングの、身のこなしも軽~い引き締まった体形と共に変わらない若々しい外見に驚き(若ハゲを心配したオデコの広さも、思ったほど髪の毛が後退していないんですね・・・笑)しかし、当時のままに3人編成のバンドでサポート・メンバーの姿も一切無し・・・演奏技術の高さが目立っていました。特に、スティングがソロのヒット曲など”眼中に無し”、これはポリスの再結成、そしてポリスのコンサートなんだ、というスタンスですべてがポリスの曲レパートリー・オンリーという姿勢にアッパレ!(今回、完全中継だったのか?カット部分がもしあったのなら、怪しくなり・・・ちよっと分かりませんが、とりあえず映像を見た限り)

 特に感動した演奏曲は、「Synchronicity Ⅱ」「Can’t stand losing you」「Roxanne」「Every breath you take」など。その他で印象に残ったのは、アップで映るたびに目だったスティングのフェンダー・ベースの年季の入ったキズだらけボディー。

 

★マイ・コレクション・アルバム(CD、LP盤)


アウトランドス・ダムール


ゼニヤッタ・モンダッタ


シンクロニシティー


白いレガッタ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

♪ スティング の 「Shape of my heart」

 ポリスが再結成、そしてジャパン・ツアーが行われるのですが。見に行くのは断念・・・今のご時勢に、何故に名古屋飛ばしなのか??独身時代なら見に行くのですが、何かと身軽でない今は無理です。

 その代わりに、5月の名古屋でのエイジアを見に行く予定です(すでにチケットは購入済み)。今回、去年の好評でソールド・アウト、チケット取れなかった時の凱旋ツアーだそうです。

 愛着と好きさ加減・・・比べて本来ならポリスかな、というところですが・・・妥協するしかない。

 仕方が無いので、ここで残念記念!?として、ポリス、スティングの好きな曲を取り上げておきます。

 この曲が入っているアルバム「Ten summoner’s tales」、全体的に暗いイメージ・・・というのも発売当時、CDを購入後にレーザーディスクでアルバム全曲の映像アルバムを別に買って見た時の印象で、すべてがバンドのライブ映像という趣向に画面全体が暗かった。場所も、スティングの田舎の古い邸宅の中という暗闇や影を多く使った映像。

 この曲の印象を決定付けているのは、イントロから絶えず物悲しい響きを奏でるエレクトリック・ガット・ギターの旋律。

 

★マイ・コレクション・アルバム(CD)


Ten Summoner's Tales

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

♪ ポリス の 「Synchronicity Ⅱ」

 ポリス再結成!

 そして、2月に来日公演!

 しかし・・・

 名古屋飛ばし。

 近くて、大阪ですか・・・

 スティングの声。

 アンディ・サマーズのギタープレイ(今でもテレキャスター愛用?)

 ステュアートの長~い顔。

 残念ながら、無理か・・・な。

 ポリスのロック史に残る名作「シンクロニシティ」。

 アルバム名は心理学者ユングの”同時性”から来ている。

 シンクロニシティとは、”意味のある偶然の一致”。

 プロデューサーはヒュー・パジャム。

 これで、ポリスがメジャーなバンドに上り詰めた作品。

 頂点に達したものの、この後・・・メンバー間の問題でおかしくなって、解散。

 今回の再結成は、和解ゆえに成り立った?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

ポリスの再結成ツアー始まる

 今回の実現まで、ポリスの再結成はまず無いと思っていましたが・・・

 ニュースでは、本当にツアーを開始した模様。

 日本にも・・・来るんでしょうね、たぶん飛ばさないでしょう。

 見に行きたいと言えば・・・ポリス、なんだから、行きたいですね(笑)

 新作はまったく未定、ノーコメントだそうです。

 スティングと他のメンバーの和解は、ちゃんと済んでいるのか微妙なのですが・・・

 和解したから再結成、と単純なもの?・・・音楽業界では、建前上、仮の仲直り、というのはありそう・・・流行の、お金の生る、再結成ツアーというやつでしょうか。

 スティングは、前髪のおでこが当時から相当、危ない、危ないと思っていましたが、まだ完全には禿げ上がっていないんですね~(へ~っ)

 まぁ、もともとイイ男だから・・・髪が薄くなってもカッコいい・・・羨ましい限りです。

 外国人は、ハリウッドスターでもそうですが・・・前髪が薄く禿げ上がっていくのを気にせず、むしろ強調するように、いさぎよく!広~~い額を露出させます・・・

 それが、またカッコいいんですが、これが日本人だと逆に必死に薄くなったのを隠そうとする(笑)

 ブルース・ウィリス、ニコラス・ケイジ、ジャック・ニコルソン、ショーン・コネリーなどなど・・・いっぱいいますネ。

 最近、映画で見てて危なくないかい?と思ったのは・・・

 ジュード・ロウ。

 額が広いのは元々といえばそれまでですが、あの頭は遠くない将来、薄くなる予兆が・・・手に取るように見え~る(冷笑)

 色男役が似合う、モテモテのハンサムガイ。

 リプリー、AI(エーアイ)、スカイ・キャプテンあたり、観ていますが。

 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

ポリス再結成!

 先日のグラミー賞で、ポリスがオープニングアクト。

 情報で知っていましたが・・・WOWOWは休日出勤、仕事で見れなかった(涙)。

 再結成は・・・マジ?と思っていましたが・・・ホントの事実でした。

 名曲”ロクサーヌ”を演奏したそうです。

 そして・・・ワールドツアーも組まれるの?

 アーティスト、グループの再結成はブームのようにやってきますが・・・

 解散によくある理由の音楽性の方向性の違い、や喧嘩別れの空中分解。

 再結成には、本当の和解の面と・・・他の思惑で、商業的な面(お金儲け)があったりするんでしょうが・・・

 新作出すなら・・・期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月11日 (日)

♪ ポリス の 「 Every breath you take 」

ポリスでこの曲を選ぶのもあまりにメジャー(代表曲)すぎて芸がないかとも思いますが・・・例のごとく雰囲気作りに最適な夜のドライブミュージックの流れで選びました。

ポリス、スティング関連で何がイイというと・・・いかにもUKっぽいですよね。明るいアメリカン・ロックではない、ウェストコーストのからっとした爽快なって感じじゃない・・・イギリスの雨の天気が多い”ジメっ”とした暗さと重さ。やっぱりUKロックの方が好きな理由。

3人のシンプル最小限バンドながら演奏力の高さと、スティングの個性が際立ってました。最初の頃の荒さも魅力で高音を裏声させて歌う”ロクサ~~ヌ”や"”Message in a bottle”、”I can't stand losing you”などなど、特にアンディ・サマーズのテレキャスターのギターカッティングやピッキングのリフは聴いてて気持ちがイイ、どの曲でも印象的です。

ヒュー・パジャムのプロデュースでヒットアルバムとなった”シンクロニシティ”はイイ仕事しています。表題曲など、いかにも音もアレンジも凝っててメジャー作品になるべきしてなった感じですが・・・前の荒く、最小限の楽器で聴かせる良さも捨てがたいですネ。

スティングのソロになってからもイイ曲は多いです。ハイブリッドのプリウスに乗ってグラミー賞?に乗り付けたんでしたっけ・・・あれは地球環境のこと考えてます、というパフォーマンス?自分の才能で成功して稼いでるんだから、別にもっとイイ車に乗ったら??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

★ サークル活動日記 | ★ テニス雑談 | ★ 日記・コラム・つぶやき | ★ 趣味 | ★ 音楽雑談 | ★フェイバリット・アーティスト、ソング&アルバム | ★マイ・パフォーマンス 弾き語り | ☆ お気に入りの本 | ☆ 中日ドラゴンズ | ☆ 映画・ドラマ | アズテック・カメラ | アラン・パーソンズ・プロジェクト | イエス | イーグルス | ウルトラボックス | エア・サプライ | エア・プレイ | エイジア | エリック・クラプトン | エルビス・コステロ | エレクトリック・ライト・オーケストラ | オアシス | オーリアンズ | カンサス | キング・クリムゾン | ギルバート・オサリバン | クィーン | クラウデッド・ハウス | クリストファー・クロス | クーラ・シェイカー | グラス・ショウ | ゲイリー・ムーア | コールドプレイ | サイモン&ガーファンクル | ザ・カーズ | ザ・ビーチ・ボーイズ | ザ・ビートルズ | ザ・フレーミング・リップス | ザ・ローリング・ストーンズ | シカゴ | シンニード・オコナー | シーザーズ | ジェイムス・ブラント | ジェリーフイッシュ | ジャーニー | ジュリアン・レノン | ジョージ・ハリスン | ジョー・ジャクソン | スエード | スクィーズ | スザンヌ・ベガ | スティーブ・ウィンウッド | ステックス | ストロベリー・スイッチブレイド | ストーン・ローゼズ | スパンダー・バレエ | スーパーファーリーアニマルズ | ゾンビーズ | タヒチ80 | チューリップ | チープ・トリック | ティアーズ・フォー・フィアーズ | ティーンエイジ・ファン・クラブ | ディープ・パープル | デビッド・ボウイ | デュラン デュラン | トッド・ラングレン | トム・ウェイツ | トラヴィス | ドゥーブル | ドナルド・フェイゲン | ドリーム・アカデミー | ネイキッド・アイズ | ハニー・ドリッパーズ | ハワード・ジョーンズ | パニック・アット・ザ・ディスコ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース | ヒューバート・カー | ヒューマン・リーグ | ビリー・ジョエル | ビージーズ | ピンク・フロイド | フィル・コリンズ | ブライアン・アダムス | ブラー | ブルース・スプリングスティーン | ブー・ラドリーズ | プリファブ・スプラウト | ベン・フォールズ | ペイル・ファウンテンズ | ペットショップ・ボーイズ | ホリーズ | ホール&オーツ | ボストン | ポリス | ポール・ウェラー | ポール・マッカートニー | マイルス | マシュー・スイート | マニック・ストリート・ブリーチャーズ | マーキュリー・レブ | マーティン・ニューウェル | ヤードバーズ | ユーライア・ヒープ | ユーリズミックス | ラバー・ボーイ | レインボー | レオ・セイヤー | レッド・ツェッペリン | レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | レニー・クラビッツ | ロキシー・ミュージック | ロバート・パーマー | ローラ・ブラニガン | ワックス | ヴァンゲリス | ヴァーブ・バイプ | 大滝詠一 | 10CC | A-ha | INXS | MIKA | O.M.D | R.E.M | REOスピードワゴン | T.REX | TOTO | U2 | XTC | ZZトップ