ポール・ウェラー

2010年5月19日 (水)

♪ ポール・ウェラー の 「Wake up the nation」

 

ポール・ウェラーの4月発売の新譜です。

ソロでは通算で10枚目にあたるアルバム。

これがまた、めちゃくちゃカッコイイです!

 

 

Paul weller「No tears to cry」PV動画↓ダブルA面シングル曲。

 

この渋さは、いったい何なんでしょう・・・

普通に年輪が重なって醸し出される、オヤジの渋さなのでしょうか。

ジャム、スタイル・カウンシル、そしてソロ、とキャリヤを幾重にも積みあげてきて。

しかし、本当に・・・最近のポール・ウェラーの活躍といい風貌といい、もう中年オヤジの星のようです(自分の目には)。

確かに、シングルカットしても大ヒットとなるような訳にはいかないものの・・・

その楽曲も、この中年オヤジにとっては、もうはたまらないものです。

なんかポール・ウェラーになると、毎回同じことを書いているような気もしますが(汗)

このアルバムには、元ジャムのメンバーだった、ベースのブルース・フォクストンが2曲に参加しています。なんと、ジャム解散以来の競演です(懐かしさが込み上げてきます・・・)。

ところで今回、ダブルA面扱いのシングル2曲同時発売だそうです。

「Wake up the nation」と「No tears to cry」。

懐かしい言葉ですね、ダブルA面なんて・・・レコード時代にはありましたが、特にビートルズなんかはよくこの両A面カップリング・シングルを発表していました。

 

Paul weller「Wake up the nation」PV動画↓ダブルA面シングル曲。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

♪ ポール・ウェラー の 「22 DREAMS」

 ポール・ウェラーの新作です。

 「22 DREAMS」

 収められている曲数は、20を越える大作。通常なら2枚組み相当の量です。

 22の夢が詰まっているアルバム、という意味でしょうか・・・

 前作、アルバム「As is now」はポール・ウェラーの久々の傑作、というのが自分の評価でした。それを踏まえての、期待される今作の出来栄えは・・・

 イイ曲はもちろんありますが、アルバムとしてトータルでは可もなく不可もなく、なのかなぁ、と。大量な曲数の分、薄味に感じてしまった・・・それは悪い意味で陥りやすい感覚的な錯覚にすぎないのかもしれませんが。

 自分の経験で言うと、2枚組みや、2枚組相当の大量曲数というアルバムは、レコードLP盤の時代から・・・当たり!に遭遇したことが無いような(苦笑)編集された、アーティスト・ベスト盤は、もちろん省いてですが。

 例外は、ビートルズの「ホワイト・アルバム」で当然のごとく、万人が認める傑作です。

 アーティストというのは、ソングライティングにおいて、”のってきた”時は溢れるような創作意欲で何曲でも大量に書き上げられ、気がついたらアルバム一枚では収まらない曲数に、という事なのでしょうか・・・ 

 他に気がついた点。

 スタイル・カウンシル時っぽい曲調でアレンジされている曲が含まれるというのは、ポール・ウェラーの昨今作にない、本作の特徴になっているかもしれない。

 

 アルバムに収められている曲「Echoes round the sun」では、相変わらずのウェラー親派であるオアシスのノエル・ギャラガーが参加しています。

 前作では、ノエル・ギャラガーの自宅にあるプライベート・スタジオを全面的に貸して製作されましたが、今作は??(今回はこのアルバム、輸入盤で購入したものだから、ライナー・ノーツやら何も無いから判りません・・・苦笑

 


22 Dreams

 

 この曲のPVについて・・・

 これ、なんか和的ティストを感じるのですが・・・太陽をこんな風に演出するのは、よく映画に見られる外国人から見た日本的、というヤツでしょうか。それは、着物っぽい衣装(に見える)の演出といい、表されていますが、常にこれらに一貫して言えること・・・やっぱ、変な感じ(苦笑)

 曲は、アルバムでは一番のカッコいいチューンなのですが・・・ネ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 3日 (日)

♪ ザ・ジャム の 「Start」

 ポール・ウェラー率いたザ・ジャムの5枚目のアルバム「サウンド・アフェクツ」の5曲目に入っている曲が「Start」。

 よく言われることですが、ザ・ビートルズのアルバム「リボルバー」の(一曲目)ジョージ・ハリスンの曲「Taxman」との類似、相違。ブルース・フォクストンのこの曲の強いインパクトとなっているベースラインと、曲のアレンジ構成は、あまりに「タックスマン」に似ている・・・思うにたぶん、ジャム流のビートルズに対するリスペクトとしてあえて発表したんじゃないかと。(発売当時、誰もが思う疑問だから、これに対するポール・ウェラーの正式なコメントがあるのかもしれないけれど、残念ながら目にしていない)

 確かこのアルバムには、曲順がこの曲「Start」が冒頭の一曲目を飾るバージョンがあるというのを情報で聞いた事がある。(それだとまさに、「リボルバー」のパクリ的な印象度が増幅された感じ受けるんだろう・・・)

 正直、ジャムに関しては、ニュー・モッズと呼ばれていた最初の頃はあまり興味がなかった。勢いのある、荒々しくビートを利かせたサウンドは言い換えれば、繊細さを感じない雑なイメージ。このアルバム「サウンド・アフェクツ」あたりから、芸術性が出てきたと音楽雑誌記事に評論家が書いていたけれど・・・その通りで自分、ジャムとポール・ウェラーを好きになりだした。次の6作目「ザ・ギフト」も、自分の好みの聴くに堪えうる音楽性、バンドに成長したというだけではなく、さらに発展して・・・申し分なく完成された作品となった。グループ感のある演奏、曲のジャンルの多様性、まさに凄いバンド!に。

 ジャムは1977年にイギリスでデビュー、ギター・ボーカルのポール・ウェラー、ベースのブルース・フォクストン、ドラムのリック・バトラーの3人という最小ユニット・バンド。ポリスも同じですが、最小リズム編成はテクニックが伴わないと成り立たないと聞きます・・・ごまかしの装飾音が一切無しの本当のバンド、ということでしょうか。

 

★マイ・コレクション・アルバム(CD)


All Mod Cons


Setting Sons


Sound Affects


The Gift


スナップ!

  

「STart」 PV・・・改めて聴くと、「Taxman」との相違、言うほどでもない・・・やはり、これはジャムのオリジナルかな?ベースラインのカッコいい曲。

 

「Start」 ライブ動画・・・この頃のポール・ウェラーはジョン・レノンのような丸眼鏡(サングラス)をしていたようで、明らかにジョン・レノン意識なのか?それにしても、このポールの間奏のギター・ソロは・・・こちらもポール(マッカートニー)が弾いた「Taxman」のギター・ソロ・フレーズに、やはり似ているように聴こえてしまう(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

♪ スタイル・カウンシル の 「Our favourite shop」

 最近の活動やフォトを見るにつけ・・・ポール・ウェラーは文句無くカッコええ~。

 雑誌”レオン”の影響?か知りませんが・・・”ちょい悪オヤジ”が流行っているそうな。古い言葉の、不良中年とはまた意味が違うの??よく分かりませんが・・・

 まぁ、ポール・ウェラーのように中年になってもカッコいいオヤジになれたら理想です。 まあ・・・向こうは顔の造りが元々イケメン風だからと、言ってしまえばそれまででマネなどできないですが(苦笑い・・・) 

 ジャムやスタイル・カウンシルで、いろんなスタイルとジャンルの音楽に手を出して芸歴長~いですが・・・最近のソロになってからの作品もどれも中々のイイ出来では。

続きを読む "♪ スタイル・カウンシル の 「Our favourite shop」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

★ サークル活動日記 | ★ テニス雑談 | ★ 日記・コラム・つぶやき | ★ 趣味 | ★ 音楽雑談 | ★フェイバリット・アーティスト、ソング&アルバム | ★マイ・パフォーマンス 弾き語り | ☆ お気に入りの本 | ☆ 中日ドラゴンズ | ☆ 映画・ドラマ | アズテック・カメラ | アラン・パーソンズ・プロジェクト | イエス | イーグルス | ウルトラボックス | エア・サプライ | エア・プレイ | エイジア | エリック・クラプトン | エルビス・コステロ | エレクトリック・ライト・オーケストラ | オアシス | オーリアンズ | カンサス | キング・クリムゾン | ギルバート・オサリバン | クィーン | クラウデッド・ハウス | クリストファー・クロス | クーラ・シェイカー | グラス・ショウ | ゲイリー・ムーア | コールドプレイ | サイモン&ガーファンクル | ザ・カーズ | ザ・ビーチ・ボーイズ | ザ・ビートルズ | ザ・フレーミング・リップス | ザ・ローリング・ストーンズ | シカゴ | シンニード・オコナー | シーザーズ | ジェイムス・ブラント | ジェリーフイッシュ | ジャーニー | ジュリアン・レノン | ジョージ・ハリスン | ジョー・ジャクソン | スエード | スクィーズ | スザンヌ・ベガ | スティーブ・ウィンウッド | ステックス | ストロベリー・スイッチブレイド | ストーン・ローゼズ | スパンダー・バレエ | スーパーファーリーアニマルズ | ゾンビーズ | タヒチ80 | チューリップ | チープ・トリック | ティアーズ・フォー・フィアーズ | ティーンエイジ・ファン・クラブ | ディープ・パープル | デビッド・ボウイ | デュラン デュラン | トッド・ラングレン | トム・ウェイツ | トラヴィス | ドゥーブル | ドナルド・フェイゲン | ドリーム・アカデミー | ネイキッド・アイズ | ハニー・ドリッパーズ | ハワード・ジョーンズ | パニック・アット・ザ・ディスコ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース | ヒューバート・カー | ヒューマン・リーグ | ビリー・ジョエル | ビージーズ | ピンク・フロイド | フィル・コリンズ | ブライアン・アダムス | ブラー | ブルース・スプリングスティーン | ブー・ラドリーズ | プリファブ・スプラウト | ベン・フォールズ | ペイル・ファウンテンズ | ペットショップ・ボーイズ | ホリーズ | ホール&オーツ | ボストン | ポリス | ポール・ウェラー | ポール・マッカートニー | マイルス | マシュー・スイート | マニック・ストリート・ブリーチャーズ | マーキュリー・レブ | マーティン・ニューウェル | ヤードバーズ | ユーライア・ヒープ | ユーリズミックス | ラバー・ボーイ | レインボー | レオ・セイヤー | レッド・ツェッペリン | レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | レニー・クラビッツ | ロキシー・ミュージック | ロバート・パーマー | ローラ・ブラニガン | ワックス | ヴァンゲリス | ヴァーブ・バイプ | 大滝詠一 | 10CC | A-ha | INXS | MIKA | O.M.D | R.E.M | REOスピードワゴン | T.REX | TOTO | U2 | XTC | ZZトップ