オアシス

2011年11月 4日 (金)

ノエル・ギャラガー の 「Noel Gallagher's High Flying Birds」

 

ノエル・ギャラガー の 「Noel Gallagher's High Flying Birds」

ノエル・ギャラガーのソロ作品が発売されました。

オアシス解散から2年ほど、やっとという感じです。

これは・・・ソロというのではなくプロジェクトな訳ですね。

次の来年発売の別作品もすでに一緒に完成して、発売を待ち状態のようです。

 

気になる、作品の出来栄え。

実は購入して最初にアルバムを通しで聴いた印象は、パッとしない感じだったんですね。

先行シングル曲も・・・言ってみればそんな感じ。

これは自分が新作を聴く時のいつもの事なのですがやっぱりで、何回も聴くほどに味が出てきました。

だから、今では断言できますね。

これはもちろん自分の感想なのですが、本当に良く出来たアルバムです。

なんでしょう・・・曲目が進むごとに・・・後半になるほどに、素晴らしい曲が襲ってきます。

いつのまにか気が付いたら、アルバム収録曲すべてが好きになっていました。

さすが、ノエル・ギャラガーです。

 

今世紀に名を残す一番のソングライターの新作。

正確な文面は思い出せないのですが・・・ちょっと違うかな・・・たぶんこんな感じの唄い文句が、新作紹介でされていました。

確かにオアシスの遺産と業績は素晴らしいものの、それはちょっと誇大広告であって、大袈裟じゃないかな、とも正直思いました。

それは、新作の発売前のことです。

ですが、新作を今、しっかりと聴いた後の印象では・・・

確かにキラー・チューン、飛び抜けた凄すぎる曲は無いかもしれない。

しかし、全ての曲のレベルの高さ、捨て曲の無いこと、その心地よい安定感。

だからこそ、やっぱりノエル・ギャラガーは凄い。

だから、最初の言うほどの誇大広告でもないかもな~・・・と思ったり。

 

付け足し。

自分、結局はリアムの率いるビーディー・アイズのアルバムは未だに買わずじまいなのです。

その楽曲はというと、YouTubeなどで見たり聴いたりで済ませてしまいました。

そして、今回のノエルの新作はこうしてしっかり購入してしまいました(苦笑)。

「The death of you and me」PV→

 

 

「If i had a gun」PV→

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

♪ オアシス の 「I’m outta time」

リアム・ギャラガーの曲です。

最近は、ソングライターとしても、力量を発揮しだした感。ただ、厳しいですがまだまだという評価です・・・自分は。(ノエルという存在があるから、比べてしまうと・・・)

オアシスといえばビートルズ、リアム・ギャラガーといえばジョン・レノン崇拝で有名。

「I’m outta time」は、影響がモロに伺える曲です。メロディー、歌い方、アレンジなど、すべてに・・・ジョン・レノンっぽい曲、を作りました、という開けっぴろげな宣言みたいなものでしょうか。しかし・・・なかなか雰囲気の出てる世界観の曲に仕上がっているのは・・・見事なのでは!?

実は、最初に聞いたときは、あまり印象に残らなかったのですが(地味な曲だな・・・と)聞き込んで行ったら・・・良さが見えてきた(するめ、みたいに噛みこんだら・・・微笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

♪ オアシス の 新作「Dig out your soul」

オアシスのアルバムというのは、最近は惰性で購入している。1stから聴いている(買い続けている)よしみか、義理なのか・・・はっきり言って、アルバムの水準と出来栄えはずっと・・・Falling down状態。

その評価の基準はと聞かれれば、自分ならやはり「Morning Glory」と比較、となります。

オアシスを終わったバンドと称する人は多いみたい。確かに、毎回アルバムごとに手法を変えて試行錯誤、挑戦は言い換えるともがき苦しんでいるようにも見えなくもない。色々なレビューなどで、今回はメロディよりもリズム、全体のグルーブ感を重視と書かれています・・・確かにそれは感じる。

今回、発売同時期に購入したトラヴィスの新作の方が、自分の正直な評価は気に入りました。トラヴィスも手法を変えてきた事、すぐに判った新作「Ode to J.Smith」。

とはいえ、基本的にノエル・ギャラガーの作る曲が自分の趣向のツボには良くはまって・・・基本的に好きな自分。(最近は、特に初期の頃という注訳も必要になっている)イイ曲も幾つか当然のごとく含まれるオアシスのニュー・アルバム。

中から一曲あげれば、「Falling down」。これは、決してメロディアスではないので・・・リズムとアレンジにイイ意味で誤魔化されてる名曲(冷笑)すぐに判った、というかまず飛び込んできた耳のデジャ・ヴ感。そう、ザック・スターキー親父のドラミング・・・リンゴビートルズの「Tomorrow never knows」のリズムを少し変則ヴァージョンにした感じ。

ドラムの事は詳しくないですが、素人でも判る(苦笑)まぁ、ここまでくると元ネタこれだよ分かっての確信犯なのでしょうけれども・・・曲調のアレンジまでもサイケデリックな訳で。自分、ビートルズの「リボルバー」は生涯の中でも外せないアルバム、そしてアルバム最後に収められている「Tomorrow never knows」もビートルズのサイケの夜明け、自分の中でもサイケに目覚めさせられた佳作。

 

まぁ、オアシスの新作にはここず~っと待ちわびる感じや期待感は薄くなっている。

正直に言えば、自分も見切っている部類に入るのか・・・どうかなぁ。相変わらず、一部の洋楽専門メジャー雑誌が”商的意味合い”なのか過大評価で大々的に持ち上げて新作をアピール、セールスに貢献しているようです。

 


ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)

  

 「Falling down」↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

♪ オアシス の”Whatever”

 オアシス、そしてバンドの中心ノエル・ギャラガーといえば、ビートルズ崇拝とビートルズっぽさ”真似バンド”の言えば最前線に位置して、世界で一番の”ビッグネーム”になってしまいましたね・・・

 もう21世紀になるにもかかわらず、現役の今”旬”で活躍するビッグバンドの口から亡霊のように名前の出てくる1960年代の過去の世界遺産”ビートルズ”・・・ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンは亡くなり、ポールとリンゴは完全にお爺さんで還暦を迎えておりますが。

 最新作では、そこまでやるという展開、新ドラマーにリンゴ・スターの息子を迎え入れ・・・依然としてビートルズに”付きまとわれて”あえて振り切ろうとはしないオアシス、ノエルですが。

 毒舌で結論を先に言うと・・・今のオアシスには魅力がない。最近の2作ほどは(とりあえずは買ってます・・・笑)はっきり個人的な評価だと駄作です・・・新作を出すたびに明らかにレベルの下降線をたどっている。その間に、売り上げセールスと名前の評価は着実に上がって・・・ライブではスタジアムを超満員にできる世界的なビッグバンドになって・・・しまいました。 最新作など・・・誰かがライナーノーツでは褒め上げていましたが・・・とにかく目先を変えたことをやってみて、作品の質が落ちてるのを矛先変えで目くらまししてるだけの事では!?バンドとしても、現状打開しようと試行錯誤してるのが見えます。

続きを読む "♪ オアシス の”Whatever”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

★ サークル活動日記 | ★ テニス雑談 | ★ 日記・コラム・つぶやき | ★ 趣味 | ★ 音楽雑談 | ★フェイバリット・アーティスト、ソング&アルバム | ★マイ・パフォーマンス 弾き語り | ☆ お気に入りの本 | ☆ 中日ドラゴンズ | ☆ 映画・ドラマ | アズテック・カメラ | アラン・パーソンズ・プロジェクト | イエス | イーグルス | ウルトラボックス | エア・サプライ | エア・プレイ | エイジア | エリック・クラプトン | エルビス・コステロ | エレクトリック・ライト・オーケストラ | オアシス | オーリアンズ | カンサス | キング・クリムゾン | ギルバート・オサリバン | クィーン | クラウデッド・ハウス | クリストファー・クロス | クーラ・シェイカー | グラス・ショウ | ゲイリー・ムーア | コールドプレイ | サイモン&ガーファンクル | ザ・カーズ | ザ・ビーチ・ボーイズ | ザ・ビートルズ | ザ・フレーミング・リップス | ザ・ローリング・ストーンズ | シカゴ | シンニード・オコナー | シーザーズ | ジェイムス・ブラント | ジェリーフイッシュ | ジャーニー | ジュリアン・レノン | ジョージ・ハリスン | ジョー・ジャクソン | スエード | スクィーズ | スザンヌ・ベガ | スティーブ・ウィンウッド | ステックス | ストロベリー・スイッチブレイド | ストーン・ローゼズ | スパンダー・バレエ | スーパーファーリーアニマルズ | ゾンビーズ | タヒチ80 | チューリップ | チープ・トリック | ティアーズ・フォー・フィアーズ | ティーンエイジ・ファン・クラブ | ディープ・パープル | デビッド・ボウイ | デュラン デュラン | トッド・ラングレン | トム・ウェイツ | トラヴィス | ドゥーブル | ドナルド・フェイゲン | ドリーム・アカデミー | ネイキッド・アイズ | ハニー・ドリッパーズ | ハワード・ジョーンズ | パニック・アット・ザ・ディスコ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース | ヒューバート・カー | ヒューマン・リーグ | ビリー・ジョエル | ビージーズ | ピンク・フロイド | フィル・コリンズ | ブライアン・アダムス | ブラー | ブルース・スプリングスティーン | ブー・ラドリーズ | プリファブ・スプラウト | ベン・フォールズ | ペイル・ファウンテンズ | ペットショップ・ボーイズ | ホリーズ | ホール&オーツ | ボストン | ポリス | ポール・ウェラー | ポール・マッカートニー | マイルス | マシュー・スイート | マニック・ストリート・ブリーチャーズ | マーキュリー・レブ | マーティン・ニューウェル | ヤードバーズ | ユーライア・ヒープ | ユーリズミックス | ラバー・ボーイ | レインボー | レオ・セイヤー | レッド・ツェッペリン | レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | レニー・クラビッツ | ロキシー・ミュージック | ロバート・パーマー | ローラ・ブラニガン | ワックス | ヴァンゲリス | ヴァーブ・バイプ | 大滝詠一 | 10CC | A-ha | INXS | MIKA | O.M.D | R.E.M | REOスピードワゴン | T.REX | TOTO | U2 | XTC | ZZトップ