★フェイバリット・アーティスト、ソング&アルバム

2016年10月29日 (土)

Black 「Wonderful life」

Blackの「Wonderful life」。

アコギ弾き語りのこのバージョンもいい感じですね。

素晴らしい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

Temples

サイケ・ポップ。

ウ~ン、いい響きです。

(顔にはニヤリとした表情が自然と出てしまう・・・笑)

音楽の中でまったくもって、一番好きなジャンルかもしれません。

今日、偶然にも本屋に寄ったのですが。

そしたら、洋楽雑誌のクロスビートのサイケポップ特集号が売っていました。

で、思わず買ってしまったのです。

定価1800円。

高い・・・

しかし、しかし、買ってしまいました。

正直、少し迷いましたが(苦笑)

この雑誌の自分的な趣向からして、

それだけの価値はあるだろうと見込みました。

 

そこで、今の新人で取り上げられていたバンドです。

ノエル・ギャラガーやら誰やらが絶賛したという話。

もちろん、知らなかった・・・(新しいのに疎いんで)

早速ですが曲を聴いてみましたら。

なんというか、時代錯誤のようなサイケ・サウンドですね。

言えば・・・真新しい印象を感じないというか。

これが今、評価されて、そして売れる。

なんでもそうですが、良い物への回帰なのかな・・・

サウンドもだけど、そのメンバーのルックスもしかりで。。

 

でも基本、この手の音は嫌いではないので。

取り上げてしまいましたよ (微笑)

YouTubeでこのバンドの曲を何曲か聴きましたが。

自分が曲調、音的に気に入ったこの曲を上げときます。

このバンドの中でのこの曲の世間的な評価はまったく知りませんが(冷汗)

PVも気に入ったし、で・・・です。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

♪Jeff Beck;Rod Stewart  の 「People Get Ready 」

 

この曲のイントロがJ-POPのある曲でパクられている。

という疑惑を、あるところで読みました。

で、確認してみました。

確かに、似ています。

というか・・・出だしはもうそのままですね~

これは。

意図的ではなく、よくある偶然というやつだとは思います。

で、そのJ-POPの曲なんですが。

自分好きな曲なので・・・

伏せておきます(苦笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

♪ Bread の 「 If 」

 

ブレッドの「If」。

美しい曲ですよね。

1971年に発表された、スタンダードな名曲です。

 

 

 

弾き語りに向いています。

やってみたくなる曲。

アルペジオのパターン。

ちょっとリズム的にやってみると不自然な感じもしますが。

聴いた感じではそんなふうにも思えないです。

演ると聴くの微妙な差でしょうか・・・

そんな時は、あまり弾き語りに向いていない。

やっぱり前言撤回で、向いていない(苦笑い)

ようするに、難しい曲なのです。

別の問題として高音の声が出るかどうかも。

いや、ああだこうだ言わずもがな。。

間違いなく素晴らしい曲です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

♪ James Taylor の 「You've got a friend」

ジェームズ・テイラーの70年代の名曲「You've got a friend」です。

キャロル・キング作曲としても知られています。

いや、やっぱり良い曲ですね。

Aメロのメロディラインも秀逸ですが、歌詞がまた素晴らしい。

友の存在、友情を歌った歌は沢山存在します。

S&Gの「Bridge over troubled water」なども有名ですね。

優劣付けられない名曲「You 've got a friend」です。

60年代にビートルズの作ったレーベル「アップル」からデビューしました。

アメリカ人なんですけれど・・・アップルから。

カーリー・サイモンと結婚、そして離婚。

現在のジェームズ・テイラーの風貌は・・・大きく変わってしまいましたが(苦笑)

歌声だけはまったく変わらず、です。

たまらなくて、聴き入っちゃいますね・・・

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

♪Whitney Houston の 「Saving all my love for you」

ホイットニー・ヒューストンが亡くなったという記事を先程目にしました。

48歳。

まだ、ぜんぜん若いのに。

自分と大して変わらない年令です。

思い出してみたら、80年代にデビューした頃からで知っている訳だから。

当然ながら、自分と同年代な訳ですよね・・・

死因は明かされていないようで分かりませんが。

鮮烈なデビューとか歌の上手さ、確かディオンヌ・ワーウィックと親族関係にありましたよね。

映画「ボディーガード」出演もありました。

それから、来日公演も実は観に行っています。こちらはカミさんに誘われてではありました。

華やかな若かりし頃から知っているアーティスト、絶頂期を知っているアーティストが、亡くなるというのは、しんみりとさせられ考えさせられますね。

しかも同年代で時間の流れにいた存在となると。

ご冥福を祈ります。

 

ホイットニー・ヒューストンはそれほど積極的に聴いていた女性アーティストではなかったのですが、当時。

やはり自分の中で一番印象に残っているのは、この最初のヒット曲です。

この曲、とても素晴らしくて良い曲だなぁと、当時に思った記憶を覚えています。

まるで古くからあるスタンダードの名曲のようなメロディライン。 

すぐに好きになりました、この曲は。

実は、その後に出す曲というのは、どうも心動かされなくて・・・

あのヒットした、主演もした映画の主題歌もこれといった感動は覚えず(苦笑)

だから、自分の中のホィットニー・ヒューストンの名曲といえば、やはりこの曲しかありません。

素晴らしい曲です。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

面白い動画を発見、細野晴臣さんの「風をあつめて」

 

洋楽ではないのですが、YouTubeで面白い動画を発見しました。

はっぴいえんどの「風をあつめて」。

ヴォーカルの細野さんのガットギターによるソロ弾き語りです。

動画では、細野さんの面白いキャラクターが全開です(笑)

ワザと間違える前フリ、これって計算された演出ですよね。

自分にはそうとしか思えないので・・・たぶんそうなんでしょう!?

ヘタクソな「禁じられた遊び」の挿入が、また何とも・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

♪ ABC の 「The Look Of Love」

ABC。

 

82年、イギリスでヒットした曲です。

日本でも、80年代の洋楽ヒット曲オムニパス物に選曲されるくらい有名です。

ABCは、発表されているアルバムもそしてこの曲以外も知らない。

ようするに・・・自分の中の、個人的な一発屋です(苦笑)

しかしながら、この曲、よく出来ています。

曲展開、アレンジも秀逸、だと思います。

当時としては、最先端にモダンでネオ・ミュージックだった記憶があります。

当然ながらPV(プロモーション・ビデオ)も存在します。

MTVでも観ていたんだと思いますが、改めて今見ると。

こんなコミカル、面白系だったかな~と・・・かなり滑稽です(笑)

やっぱり、マイケル・ジャクソンのソロ・ブレイク以前かまたは同じ頃かで、踊りながら歌うスタイルの夜明け前という感じなのでしょうか。

しかしながら、一番重要である曲本来の良し悪しは。

もちろん、素晴らしいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

♪ ダニー・エルフマン の 「The Little Things」

 

ダニー・エルフマン。

 

 

映画音楽家です。映画音楽監督、ですね。

この人を知るきっかけとなったのは映画「チャーリーとチョコレート工場」と遅くて、その後の「スパイダーマン」「バットマン」と色々な有名映画を手がけていた実績というのも知りませんでした。

映画を見て、この音楽は誰が担当しているんだろうと気にする事なんて、やっぱりめったにありません。

この曲は、映画「ウォンテッド」の主題歌。しかも、ダニー・エルフマン本人がヴォーカルを取って歌っている・・・この映画の他の挿入歌は、本職の音楽アーティスト達が歌っているので、それを差し置いて歌っています。

これが、まっとうなメロディが心地よく耳に残る正統派ハードロックなんですね。

それとともに、なんか声がいいなぁ、と思い・・・

珍しく、この曲、誰が歌っているんだろうとすぐに気に掛かって、ネット検索してしまいました。

 

音楽ではなく当の映画の評価はというと、劇場公開ではなくテレビでDVDを見ました。

やはり・・・女優アンジェリーナ・ジョリーの存在感は凄いですね、猛獣のような肉食系の表情もですが、元々のアクションスターとしての本質も堪能できます。

奇抜とはもういえないけれど(スローモーションで弾丸の軌道を描写する”マトリックス系”ですね)、映像の秘密は監督がロシア映画「ナイト・ウォッチ」を作った人ということで映像美に特にこだわっているのは感じました。

だから、十分に楽しめた映画でした。

 

Danny Elfman の 「The Little Things」PV動画↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

追悼 マイケル・ジャクソン

 

マイケル・ジャクソンが亡くなったという訃報です。

今日の朝、知りました。

 

自分とマイケル・ジャクソンの音楽との、過去の接点について。

ジャクソン5(ファイブ)時代というのは全く聴いていません。ちょっと古すぎるかな・・・というのもありますし。存在を知るようになったのはやっぱりソロになってからの、マイケル・ジャクソンの活躍。

曲「Billy jean」「Beat it」「Thriller」「Bad」といった’80年代の代表的な大ヒット曲は時代の流れと共に聴いてきました。決して、好きになりファンになるという構図は無かったものの。PVのもてはやされた年代において、映像的にエンターテイメント性のある演出力や活躍は、もうイヤでも目立っていたし、目に入ってきましたネ。

 

そんな自分の、一番の興味を引いた出来事と言ったら・・・

ビートルズと及び、解散後のそのメンバー達の音楽をこよなく愛していた自分は、ポール・マッカートニーがコラボレーションの相手として選んだアーティスト、という見地からマイケル・ジャクソンの音楽に、まぁ幾分深く関われた感じです。

 

80年代以降は、悲しいかな本来の音楽よりは話題性とゴシップネタとしてのマイケル・ジャクソンに、出くわすことしかなくなってしまいました。

しかし・・・

マイケル・ジャクソンは、万人が認める、確かに・・・

スーパースター、でしたネ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

★ サークル活動日記 | ★ テニス雑談 | ★ 日記・コラム・つぶやき | ★ 趣味 | ★ 音楽雑談 | ★フェイバリット・アーティスト、ソング&アルバム | ★マイ・パフォーマンス 弾き語り | ☆ お気に入りの本 | ☆ 中日ドラゴンズ | ☆ 映画・ドラマ | アズテック・カメラ | アラン・パーソンズ・プロジェクト | イエス | イーグルス | ウルトラボックス | エア・サプライ | エア・プレイ | エイジア | エリック・クラプトン | エルビス・コステロ | エレクトリック・ライト・オーケストラ | オアシス | オーリアンズ | カンサス | キング・クリムゾン | ギルバート・オサリバン | クィーン | クラウデッド・ハウス | クリストファー・クロス | クーラ・シェイカー | グラス・ショウ | ゲイリー・ムーア | コールドプレイ | サイモン&ガーファンクル | ザ・カーズ | ザ・ビーチ・ボーイズ | ザ・ビートルズ | ザ・フレーミング・リップス | ザ・ローリング・ストーンズ | シカゴ | シンニード・オコナー | シーザーズ | ジェイムス・ブラント | ジェリーフイッシュ | ジャーニー | ジュリアン・レノン | ジョージ・ハリスン | ジョー・ジャクソン | スエード | スクィーズ | スザンヌ・ベガ | スティーブ・ウィンウッド | ステックス | ストロベリー・スイッチブレイド | ストーン・ローゼズ | スパンダー・バレエ | スーパーファーリーアニマルズ | ゾンビーズ | タヒチ80 | チューリップ | チープ・トリック | ティアーズ・フォー・フィアーズ | ティーンエイジ・ファン・クラブ | ディープ・パープル | デビッド・ボウイ | デュラン デュラン | トッド・ラングレン | トム・ウェイツ | トラヴィス | ドゥーブル | ドナルド・フェイゲン | ドリーム・アカデミー | ネイキッド・アイズ | ハニー・ドリッパーズ | ハワード・ジョーンズ | パニック・アット・ザ・ディスコ | ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース | ヒューバート・カー | ヒューマン・リーグ | ビリー・ジョエル | ビージーズ | ピンク・フロイド | フィル・コリンズ | ブライアン・アダムス | ブラー | ブルース・スプリングスティーン | ブー・ラドリーズ | プリファブ・スプラウト | ベン・フォールズ | ペイル・ファウンテンズ | ペットショップ・ボーイズ | ホリーズ | ホール&オーツ | ボストン | ポリス | ポール・ウェラー | ポール・マッカートニー | マイルス | マシュー・スイート | マニック・ストリート・ブリーチャーズ | マーキュリー・レブ | マーティン・ニューウェル | ヤードバーズ | ユーライア・ヒープ | ユーリズミックス | ラバー・ボーイ | レインボー | レオ・セイヤー | レッド・ツェッペリン | レッド・ホット・チリ・ペッパーズ | レディオヘッド | レニー・クラビッツ | ロキシー・ミュージック | ロバート・パーマー | ローラ・ブラニガン | ワックス | ヴァンゲリス | ヴァーブ・バイプ | 大滝詠一 | 10CC | A-ha | INXS | MIKA | O.M.D | R.E.M | REOスピードワゴン | T.REX | TOTO | U2 | XTC | ZZトップ